サマーフェスティバルの真っ只中のビーチで
一人空腹に涙するヒロインX。

通りすがり(?)のBBにお仕事を紹介してもらうのだけれど
そのお仕事というのが想像していた内容とはちょっと違う?

照りつける太陽の下、健康的な肌と肌が激しく
そして、淫らにぶつかり合う。

これは「仕事」なのだからと自分に言い聞かせ
休みなく男たちに嬲られ続けるヒロインX。

誰か彼女に休憩とご飯をお恵みください。


全ページフルカラーで送る渾身の一作!

◆発行
サークル : OrangeMaru
作家 : YD
twitter : @OrangeMaru_
おすすめ関連乱交作品
WEB SERVICE BY FANZA